借入の支払い内容は、カード会社の方針に応じて随分ずれがあっていろんな方式が導入されてます。基本的にはスライド方式やリボルディング払い方法が導入されているようです。斯うした多くの人が知ってるリボルディング払ですが本当のことを言えば算定手法にはおおくの方式があるのです。よってさのごとき様式に応じて引き落し金額が違ってしまうわけですので把握しておいて損はないでしょう。それでは簡便に両者のメソッドのへだたりについてを説明しましょう。はじめは元金均等払いというもので、二つめは元利均等払いというものです。それぞれその名を冠する通り、元本についてを均分にして払っていくというものと、元金と利子に関してを合わせて均分に支払っていく手法になります。今回はもし10万円を借りたとし、実際問題としていかなる算出をするのかみてみます。利息に関しては両方とも15%と仮定して計算します。それからリボの返済は1万円として算定します。まず元金均等払いからいきましょう。この時のはじめの返済については1万円に対して利子分1250円を計上した返済額となります。2回目の返済に関しては1万円へ金利の1125円を合計した支払額へとなるのです。こういったふうにして10回分にて返済を済ませるという方式になります。一方、元利均等払いとははじめの支払いに関しては1万円でそこから元金に8750円、金利へ1250円といった感じで割り振るのです。2回目の返済については元本が8750円へと減少した状態で金利を算出し、1万円からまた割り振りをします。要するに元利均等払いのケースは10回で引き落しが終わらないといった勘定になります。こればかりの差異で二者がどのくらい相違しているのかがたっぷりと理解してもらえたことと思います。元利均等というのは元金均等に比較して、まぎれもなくもと金が減少していくのが遅くなっているというウイークポイントというものがあったりするのです。別のことばで言えば金利を多く返済するという状況になります。一方最初の支払が少額で落着するというような強みというものも存在したりします。斯うした支払手法に関しての違いに連動して、支払いトータルが異なってきたりしますのでご自分の嗜好に合致した計画を取るようにしていってください。

Copyright © 2002 エステでココロもカラダも癒してあげよう All Rights Reserved.