融資の金利がどこも似ているのは知っている事かと思いますが、実を言えば、利息制限法と言う規則により上限範囲の金利が決められているので似たような利息になるのです。銀行系などは利息制限法の規定の限度範囲内で別々に定めているので、似た利息の中でも差があるローンサービスを提供しているのです。それではその利息制限法とはどのようなものか見ていきます。最初に上限利息ですが、10万円未満の貸し付けには年率20%、10万円以上100万円未満は18%、100万円以上は年間15%までと定められていて、その枠を上回る利子分は無効です。無効とはお金を払う必要がないという事です。にも関わらずかつては年率25%以上の利息で契約する消費者金融会社が多かったです。それは利息制限法に反しても罰則の規定が存在しなかったためです。さらに出資法による上限利息の29.2%の利率が容認されていて、その規則を盾に転ずることは無かったです。利息制限法と出資法の間の利息の差の枠が「グレーゾーン」と言われるものです。出資法には罰則が存在し、この上限利息枠は超過しないようにきたはずですが、出資法を用いる為には「ローンを受けた者が自分からお金を支払った」という条件です。この頃、頻繁に騒がれている必要以上の支払いを求める請求はこれらのグレーゾーンの金利分を必要以上の支払いとして返却を求める要請です。法でも出資法の考え方が受け入れられることは大半はなく、請求が通る事が多いようです。今日では出資法のMAXの利息も利息制限法と一本化され、このことで貸金業の利息も似たようになっているようです。万一その事を知らないまま、上限利息を超す契約をしてしまった場合でも、これらの契約自身がないものとなり、上限範囲の利息以上の利率を払う必要はないようです。しかし、繰り返し請求される場合には弁護士か司法書士に相談してみてはどうでしょう。そうすることで請求されることがなくります。

Copyright © 2002 エステでココロもカラダも癒してあげよう All Rights Reserved.